妊娠中のセックスはしてもよいのでしょうか?
  セックスはしても構いません。ただし新婚当初のように毎日頑張るのはやめてください。また、行為の際はお腹に負担のかからない姿勢で行ってください。7〜10日に1回くらいにしてください。過度の激しいセックスは流産や早産を引き起こす可能性がありますので、あまり頑張りすぎないようにしてください。できればコンドームをつけて行ってください。精子の中には子宮を収縮させるプロスタグランディン等がありますので精子を膣に入れないようにしたほうが良いでしょう。
妊娠2カ月で出血があります。腹痛はないのですが、このまま様子をみてもよいでしょうか?
  出血は切迫流産が一番考えられます。腹痛がきてからでは手遅れになる場合もあります。なるべく早く産科を受診してください。日曜、祭日、夜間であっても病院に電話して受診してください。
骨盤位は帝王切開を大学や一般の病院ではするようですが、先生のところ(ありよしレディースクリニック)でもそうですか?
  原則として経膣分娩をしています。足位や分娩中に臍帯下垂(臍の尾が下がってくる)の時は帝王切開となります。なるべく自然分娩を心掛けています。
 
帝王切開後は3年くらい妊娠間隔をあけなければいけませんか?また必ず再帝王切開になるのでしょうか?
  現在は3年もあけなくても良いです。早い人は出産後1ヵ月で妊娠する人もいます。普通の分娩同様3ヵ月以上たつと妊娠しても良いです。また、必ずしも帝王切開になるとは限りませんが、51%位の人は反復帝王切開となるようです。ありよしレディースクリニックでは反復帝王切開はもっと少なく、経膣分娩をしています。分娩が近くなると内診して経膣か帝王切開かがわかります。
 
妊娠は何ヵ月まで中絶できるのですか?
  胎児が出生し生育できる時期(対外生活できる時期)はできません。以前は7ヵ月でも中絶できましたが、現在は6ヵ月21週までは人工中絶ができます。22週になるとできません。
 
妊娠しない方法はどんなものがありますか?
  排卵期のセックスをさける。荻野式では、28日の月経周期の人は最終月経より数えて第10日より第17日までの8日間が受胎期で、その他の期間は不妊期であります。コンドーム、ペッサリー、マイフェミィなどを使う。精子を殺す薬を使う。ピルを使う。リングを挿入するなど種々あります。産婦人科を受診し当人にあった方法をとってください。
 
産婦人科では必ず内診されるのですか?
  原則として内診します。小・中・高校生や大学生、未婚の人など内診せずに超音波診断や触診などで診断する場合も多いです。下腹痛などがひどく、診断がつけにくい時はキシロカインゼリーを塗って痛くないようにして、直腸診察をそっとする場合もあります。
 
妊娠期間中に他の病院では内診されないのに、なぜありよしレディースクリニックでは内診するのですか?
  妊娠すると帯下(おりもの)が増えます。カンジダ症、トリコモナス症、その他たくさんの病気があります。特にB型溶連菌に感染すると、新生児は髄膜炎になったり、外陰部ヘルペスで膣式に分娩し感染した場合、新生児の死亡率が高くなります。ヘルペスにかかった状態の時は帝王切開をしなくてはなりません。また、妊娠4ヵ月くらいで何の症状もなく内子宮口が開いている人で頚管無力症の人がいます。妊娠検診の数日後に流産や早産をする人は多くいます。それらは内診をするとわかりますので、未熟児の出産などを予防することができるのです。例えば福井県で産婦人科の先生が内診をされるようになった時は、未熟児の出産が減ったそうです。子宮筋腫や子宮奇形等も分娩前に診断をつけ分娩様式を決めなければなりません。